トップページ > 2018年 下半期占いTOP > 2018年 - ムーンストーン下半期占い

2018ムーンストーン下半期占い 全体運

自分が自分であることを、今一度見つめてみる。自分の人生としての枠をしっかりと持ち始める2018年の後半。

ムーンストーンさんのエネルギーを見ていると自分の「個」としてのエネルギーが際立ち、「個」の時間を大切にしたくなる。そんな独立した自分の世界が作られている印象を受けるのです。

自分にとって本当にこの環境は必要なのか、自分が自分であるためにこれから本当に必要なことは何なのか。自分の立場であったり、これからの人生をどのように歩んでいくかということに目を向けた2018年前半だったのではないでしょうか。

そのような発端って、実はムーンストーンさんの独特なバランス力から派生していたりします。何かと何かに挟まれた時に発するバランス力。

例えば、人とのコミュニケーションの中での板挟みなども想像しやすいかもしれません。どちらの意見も汲み取るのはもちろんですが、「あの人はきっとこの状況だからこう思ってしまったみたい。だから今は気にしないほうがいいわ。」というように、物事を必要以上に膨らませずにサラっと流すように持っていく。そんな、時を止めずに状況を通過させていくような力を持っているのです。

それは「魔法でも使ったのかな?」というような、気がついたら状況は落ち着いているというような不思議さもあるのです。

でも今回ばかりは、「正直面倒臭いな」と、そんな気持ちが溢れる時でもあります。もっと、この力を自分のために集中して使いたい。自分のために何かを成し遂げたい。自分の欲みたいなものがぐんと飛び出してくるような、いわゆる自分の裏の部分が出てくる時なのです。

それはとても大切なことで、ムーンストーンさんにとって、今まで少し我慢しすぎていた部分でもあるのです。

そのため、2018年の後半には、所属していたグループから卒業し、個人としての時間を大切にする方や、自分の可能性に気づき、才能に磨きをかけていく方達が増えていく流れです。それには、今回「割り切ること」がある程度大切になってきます。自然と「断る」という類のことが多くなってくるでしょうし、自分の中にある優先順位が今まで以上に色濃く出る時でもあります。

でも、それは冷たさでもなんでもなく、自分の世界に没頭するための必要な「割り切り」であり、自分の人生を自分で生きる覚悟でもあるのです。


恋愛運

愛と生活とバランスと。いい塩梅を探すことがテーマ。

「心を奪われる」というのは時に、自分の世界観をがらりと変えてしまう程の出来事でもあります。今見ていた景色が青色から赤色に変わるくらいの、自分の全てが変わってしまうようなそんな壮大さも感じます。

2018年後半は、「青色」とか「赤色」とかバツっと決められない、「なんとなく青色寄りかな?」というような「ちょっとのさじ加減」みたいなものにフォーカスされてくる時です。

それは、全体運にも記載しましたが「個」としてのエネルギーが強まっているから。自分自身に没頭している「個」の世界観の主張があるからこそ、「その人いろ」に自分を全て染められないというような強い意志の表れもあるのです。

今までのムーンストーンさんって、愛の中間地点はどこだろうと探すことが多かったように思います。あなたの好みと私の好み。全然違うけども、あなたの好みがだんだん好きになってきた。そんな「あなた色」に染まることが、ムーンストーンさんにとっての中間だったりしてきたわけです。それが幸せでもあり、「愛の中にある生活」が心地良さでもあったわけです。

ムーンストーンさんにとって、愛と生活の寄り添い度はとても高く、どちらか一方だけでは成り立たないような密着さを感じてきているはずなのです。

そんな心地よさが、これからは少し変わってくる様子。いきなり服のテイストが変わったり、好みが変わったりしやすくもあります。久しぶりに会う人からも「何か最近雰囲気が変わったね。」と言われることもあるかもしれません。もし恋愛のハンドルというものがあるとしたら、ぐっと90度くらい回したイメージ。なので、異性の好みも変わってくる傾向にもあります。今までなら友達タイプだった人が恋愛対象になったり、デートもインドア派だった人がアウトドア好きになったり。そんな新たな自分に出会うような変化が楽しい時でもあるのです。

なので、今回は「意外にこういうことも好きなんだよね。」というように、自分で自分の意外性に触れてみて欲しいなと思います。もっと自分の心の端に寄せてある気持ちをすくい取ってみる。その時々の状況によっての心の変化を受け入れてみること。相手に合わせ過ぎたり、必要以上に相手に手をかけることも「いい塩梅」を意識してみて欲しいのです。

そのちょっとしたさじ加減で、一味も二味も変わってくるような、そんな恋愛の色合いが感じられる流れです。


仕事・金運

今いる世界以外の景色を。自分のチカラを試してみることがテーマ。

2018年前半は、ひたすらに自分の辿る道、やるべきことを探し続けたのではないでしょうか。その中で、毎日同じことの繰り返しであったり、ちょっとしたマンネリ化がつまらなく感じたり。

だからこそ、後半は新しい場所に身を置きたくなったり、新しい物事に挑戦してみたくなったり。そんな心機一転、挑戦の気持ちが強まる時なのです。そういうことからも、転職を考え、色々職場を探す方も少なくないでしょう。今いる世界以外を見てみたくなる、自分の力を試したくなる。そんな力強い時なのです。

実際に転職をしなくても、「他の仕事を探してみる」という行動は良いと思います。それは自分の可能性を試してみたくなる高揚した気持ちを盛り上げると同時に、自分の中に湧き出る「もっと満たされたい。」そんな気持ちに気づけるきっかけになるからです。

その「続ける」という行動が自分の中で「満たされていく」という充足感につながります。だからといって、今のお仕事を続けて満たされないということではありません。今のお仕事に「もう一手間」加えることで、また新たな世界を作ることができたりします。一手間というのは意外になんでもよくて、大切なのは、その一手間を続けることだったりします。

なので、「今の環境が嫌だから」という気持ちではなく、「今の自分の力をもっと試してみたい」というような前向きな姿勢であれば、是非転職をお勧めしたいです。「自分を満たせるのは自分しかいない」ということに気づきはじめたムーンストーンさんにとって、自分の知っている世界以外に身を置くということは、「全力でアクセルを踏まなければならない」という、自分の全力を出し切る良いきっかけにもなるのです。そうした過程の中で、自分の諦めグセのような、自分で変えたいなと思っているような部分にも、素直に向き合っていける。自分と素直に対話できるようなそんな流れもつかみやすくなるのです。

金運に関しても、ムーンストーンさんは2パターンあります。今までとは違うタイプのお財布を新調してみる。例えば、長財布から折りたたみの財布に変えてみたり、お財布の色を変えてみたり。そうすることで、お金に対するパワーが戻ってくるというか、やる気が出てくる感じです。

もう一つは、貯金を見える形で続けていくこと。例えば、500円貯金のように、自分の見える位置にお金を積み重ねていくこともやる気が出てきたり、溜まっている感じが楽しかったりします。


占いカレンダー

7月 

自分の心と状況を離して考えてみる時。例えば、普通に道を歩いている時にいきなり足が縺れて転びそうになる。そういう時って、いきなりすぎて、自分が自分の足ではないみたいな。やけに頭が冷静になって、次の行動を考えているような。そんな自分の中で分離している感覚ってないですか?

今月は、思いが前に出すぎて、結果先走ってしまうようなことや、自分の気持ちに収集をつけることが難しいこともありそうなのです。

でも、そういう時って、いつもはでてこないような冷静さもあります。そんな冷静さが自分の中にもあるということに着目して欲しいなと思います。

バタバタと慌てていたり、感情的に成っている時こそスイッチが入って正しい判断ができるような。

なので、自分自身に飲み込まれず、冷静な自分が引きでてくるような「分離感」というのを敢えて使ってみるような時なのです。


8月

表と裏の関係を感じる時。

どちらか一方に偏るのではなく、表と裏が常に隣り合わせで進んでいく。自分に不都合なことがあっても排除することなく、一緒に横並びで進んでいくことが必要な時です。そのため、今月は、自分の得意なことの中に、苦手なことも一緒に感じる機会が多くあるかもしれません。

自分の好きなことをしていているのに、周りの状況になんだか振り回されているような感覚。

「好きなことだけでいいよ、こんなのいらないよ」と思うこともあるかもしれませんが、自分にとって不都合なことが良いブレーキになったり、逆に色々な仲を取り持ってくれたりなど、丁度良い調整がここでかかるのです。

「こういうことでバランスをとってくれたんだな」と思うことで、自分の世界も他者の世界も平和が訪れやすくなります。なので、無理して強くならなくても良いですし、力を入れて頑張らなくても大丈夫です。

「こうでなくてはいけない」という規則的なものをも飛び越えて、自分にとっての表と裏を肌で感じてみる体験が今月は待っていそうです。


9月

励まし、励まされる時。

今月は、自分の歩んできた道のりをきちんと大事に受け止める時でもあります。何かを目指している時、または模索している時。

自分は一体今まで何をやっていたんだとか、あの時もっとあぁしておけばなど、歩んできた過程を後悔するようなこともあると思います。でも、あの時はそれが最高で最善だった。そんな自分の過程をきちんと受け止めてあげるような作業が必要な時のようです。

今月は、そんな一旦良い意味で受け止めて立ち止まる。そうすることで、今までの自分を励まし、そして今までの自分からエールを送られているような、そんな温かい時間が流れやすくなります。

そのため、派手な時間よりもゆったりとした時間が多くなったり、家の中で楽しむような時間を充実させると心が穏やかに過ごせそうです。

自分自身の中で循環が生まれやすい今月は、お気に入りのものを増やしたり、身の回りのインテリアに気を使ってみると、有意義な時間を過ごせるでしょう。


10月

明確な目標を描いていく時。

その時々で変わりゆく気持ちと向き合いながら、自分なりの歩み方を定めていく時でもあります。無理に探し出すというよりも、今までの寄せ集めのような、今まではこうだったから次はこうであろうというような予測から生まれる何か。そんなことにも恵まれることもあるでしょう。何か頭から離れないような悩みを抱えている方は、少しづつ消化していけるようなことも。

周りを気遣ってなかなか言えなかったり出来なかったことがあった方も、「自分で探し出す何か」「自分で決めていく責任」などに真摯に向き合うようなことがあるかもしれません。それは他者との関係性があるからこそ、映し出される焦点。誰かとの関わり合いの中で、自分自身に対する責任を取っていく。

そんなブレない内なる自分を持ちながらも他者との協力を求められる今月は、自分の人生を本気で歩む覚悟を試されているような、そんな時間となるでしょう。


11月

自分で自分を励ましていく時。

「もっとわかりやすいことがあればいいのに」。そんな声が聞こえてきそうな今月は、何をやっても「納得がいかない!!」とちょっと駄々をこねてしまいそうな時です。気分の安定や、自分のモチベーションを上げるために色々と試行錯誤しますが、数日経つとどれも違うんだよな~~と思ってしまうことも。どうしたらいいんだろうと考えこんでしまうことも多くありますが、今は何かを大きく変えるという対処ではなさそう。

逆に、「何も状況は変えなくても良い」との暗示もあります。誰かを頼るとか、他のものを取り入れるとかではなく、自分が自分を大切にしたり、安定させたりする取り組みが必要になってくるでしょう。少し不安定さを感じた時は、「今頑張ればきっといいことがある」と、自分の未来に期待をすること。そのためには、今を精一杯に頑張る。

物事に心を込めて、人を大切に、今できる限りの精一杯を目の前のことに費やすことで、自然と道が開けてくる今月のようです。


12月

諦めないことの大切さ。

衝動的な気持ちが膨らみやすかった先月は、自分のバランスの取り方にパワーを使った方も多かったようです。その、少し崩れてしまったバランスを立て直す今月は、自分が諦めてしまいたいことや、なかなか気力が起きないことも大切にしていくような、灯火から強い光への転換を求められていく時です。

本当は自分の中でわかっていても、少し弱音をこぼしてしまうような。光と影を同時に起こす方法から、光からまた光へと光度を濃くしていくことで影も生きてくるような時間に巡り合えそう。その影響力や、光の強さに心惹かれる方も多いはず。そんなきっかけを得るためにも、沢山の情報や人と触れ合うこと。そして意見を交換しあうことです。

そのためには、チャンスがあればまずは飛び込んでみること。交流会に参加してみたり、人からのお誘いを受けてみたり。

自分の中に眠っている光を信じて、そして他者の光をも信じてみる。

そこから生まれる信頼関係は、自分の人生にがらりと影響を与えるほどの光のパワーを感じる時となるでしょう。


                  
animacollection
トパーズ










ムーンストーン










シトリン










ラピスラズリ










クリソプレーズ










クンツァイト










アメジスト










エメラルド










ラブラドライト










ルチルクォーツ










アクアマリン










サンストーン