トップページ > 2018年 下半期占いTOP > 2018年 - ラピスラズリ下半期占い

2018ラピスラズリ下半期占い 全体運

願いの方向性を立て直してみる。そんな、もう一度自分の在り方の可能性を探るような2018年の後半。

というのも、ラピスラズリさんにとって、自分の行ってきた事や、貫いてきたやり方が一旦完成する時なのです。そしてその事柄に結構満足していたり、やりきったよねと充実感があったり。思い描いてた理想の在り方に1歩近づけたような、自分が引いていたボーダーラインからちょっとだけ顔を出せたようなそんな2018年の前半戦だったように思います。

そして、一旦完成して落ちつくということは、見えない所で新たな始まりの合図も鳴っています。その見えない合図が鳴り始めた時、妙にざわつくというか、心の中で「何かあるぞ何かくるのか!」とものすごく構える。でも、「これくらい平気だから」と強がってみたり「こんなことで乱れた自分」がちょっと情けないと思い、頑張って立て直してしまうんです。そこに実は自分でも気づかないようなストレスが溜まっちゃったりします。

そんな時は「本当に自分の望んでいたことって何だっけ?」と願いの方向性を立て直してみてください。ただただ今はワガママを言いたいだったり、そんな自分を受け止めてほしいだったり、その時の欲求がすんなり出てきやすく、自分の欲求がわかるだけでもちょっと安心したりします。

実はラピスラズリさんって見えないものをそんなに好まないんです。わからないものを放置できなかったり。大体のことを大雑把にでも把握していたいので、予感とか予兆に敏感だったりします。それは、わからないことや不確かなことがあると、自分の中の「把握したいスイッチ」が全力でONになるからなのです。そのスイッチがONになった時に、「どんな予感がしてるのかな?」「なんでそんな風に思うのかな?」というように、なるべく自分自身にアンテナを立て直してみてください。

自分の正直な気持ちが自分で把握できて初めてわかる、「自分の本当の願い」。

そんなこまめな願いの方向性の立て直しが、2018年の後半は自分の在り方を確立させていく流れのようです。


恋愛運

2018年後半は、今までの愛情に関する歴史を塗り替えていくような気合いとダイナミックさすらも感じます。甘い恋愛というよりも、もっと現実的でテキパキした関係。「私はこういう性格なの、受け止めれる?私は大丈夫、受け止められるわ。」みたいな、とにかく自分の気持ちの不安事項が書いてある辞書的なものを塗り替えていくような感じなのです。

でも結構これって面白いですよね。相手の人も最初はびっくりすることも多そうですが、逆に楽しくなってきます。「気合い入ってるな~」って。

ラピスラズリさんって「この恋愛はこうなるよ!」という予言書みたいなものがあった方がやりやすかったりします。「こういう感じなのね、わかったわかった。そしたら私はこうした方が良さそうね!」というような、ちょっとした基準値みたいなものがあると動きやすい。すると、自分の中で「こうした方がいいんだ」という明確な動きを決めていけるのです。

その明確さが決定打となり、自信を持って行動できる。なので、明確さを作り出すための状況把握に余念なく動いている節々も、ラピスラズリさんはあったりするのです。

ちょっと傷ついた昔の苦い経験が残ってる場合、「私、昔こんなことがあって、こういう風に考えちゃうの。どう思う?」と早めに相手に話してみるのもひとつの手です。そうすることで、相手の反応や考えを垣間見る事が出来て、自分の中の基準値が出来上がるのです。

ここで最初にお話しした、「根気強さと粘り強さ」に話を戻しますが、この「強さ」というものは例えば、相手から思った答えが返ってこなかった場合に「もうダメなんだ~」と嘆くのではなく、「わかってもらうぞ」と諦めない心の強さみたいなものです。この「気持ちを持続させる」というような強さがここで必要なのです。

そんなことからも結構恋愛にパワーを使う方も多いかなと思います。恋愛に向き合うことで自分とも向き合えて、なんだかちょっとスッキリとしているようなエネルギーも見えるのです。きっと自分の奥底に眠っている本当の愛情を掘り起こしたいのかもしれませんね。

恋に臆病にならずに、じっくりと粘る。

2018年の後半は、濃厚な気持ちの交換ができる恋愛の時ですね。


仕事・金運

ちょっと迷信めいた言い方かもしれませんが、「仕事やお金に魂が宿る時」「気持ちが伝わる時」なのです。

職人さんの作り上げるものって「まぁこれくらいでいいか~」というものってないですよね。ものすごく細やかに、素人側からはわからないような微調整であったり、最後の仕上げであったり。納得いくものを作り上げた時って、まるで我が子のように可愛くて思い入れがあると思うんです。

そんな気持ちを最後にぎゅっと入れ込むように仕事をする。書類の最後に印鑑を押す時に気持ちを込めて押したり、文章の最後の「まる」を打つ時に感謝を込めてみたり。今回は、そういった心を込める作業というのを是非、意識してみて欲しいのです。

ラピスラズリさんって、元々が丁寧でひとつひとつ確認して作業をすることが得意です。いつの間にかバタバタと過ぎ去っていき、あっという間に流れていく事より、ひとつひとつ区切りをつけていく。そんな気持ちの面でも一定の終着点があったほうが、次のやる気につなげられるタイプなのです。

なので、今回はどちらかというと、苦手なことにチャレンジするというより、自分の強みを生かした仕事が舞い込んでくるような印象が強いです。ひとつひとつで完結できるような事であったり、自分が把握できるくらいの適量であったり、適材適所という言葉がしっくりくる配置であったり。ちょうどいい塩梅があるからこそ、自分らしい丁寧さが際立つ。

そんな気持ちを込めた仕事が、自分にしか出来ない仕事の在り方となっていき、「あなたに頼んで良かったわ」とご縁にもつながっていきます。

また、丁寧な仕事を心がけていると、自ずと綺麗にお金も扱われていくものです。日々の生活も連動して丁寧になっていきますから、余裕も生まれていきます。気がついた時には、お財布を綺麗に拭いてあげたり、お札を整えてみたりと、お財布の確認作業をしてあげてみてくださいね。

そして、お金は計画的に使う方が良い時です。貯金計画や事業計画、毎月の出費など、自分の中での上限値みたいなものを決めておくのもオススメですよ。


占いカレンダー

7月 

夢や思いを膨らませたくなる時。「将来、私はどうなっているんだろう?」「こうなっていなくてはいけない気がする」みたいな。何か、先のことをしっかりと決めたくなるような、決定事項を自分に与えているような雰囲気なんです。

でも、そこを無理に埋めてしまうと、「一度決めたこと」の責任を取るために、ちょっと頑張りすぎてしまうのです。もし、それが出来なかった時、なんだかちょっと恥ずかしくなってしまったり、頑張って言い訳をしたくなったり。

「やりたいこと」が、いきなり「やらなくてはいけないこと」に変わった時、ラピスラズリさんのエネルギーは少しピリリとします。「だってやりなさいって言ったじゃん!」みたいな、駆け引きが自分にも相手に対してもどこかで生じてしまう。

なので、夢は夢でふんわり捉えてみてください。夢の話をつまみにして一杯お酒を飲むくらいの感覚で。

そして、そんな時、相手に「まぁもう一杯やりなよ~」と言いながらお酌するくらいのラフさが夢も広がる時のようです。


8月

身体を癒して心のリラックスを。

自分の居場所の折り合いをつけるこの時期は、今後の土台を固めていくような基盤作りに精をだしていく時です。そのため今月は、自分がどこにいるのかを見直すような時間に恵まれることも多いかもしれません。それは主に心の置き所や拠り所、自分が偏っていたコリをほぐしていくような心のマッサージを十分に行っていく感覚。自分が欲しい答えというのは、自分の身体がよく知っていて、自問自答をくりかえしていく作業が答え合わせにつながっていくよう。そんな身体も心も周りの状況も全てつながっているような温かな感覚を贅沢に味わえる時なのです。

また、他者との交流や仲間とのコミニケーションが円滑に進む時期でもあるため、そのような面でとても心が活性化して楽しく過ごせることも多いよう。そこから生まれる喜びは、後の発展を大いに飛躍させることであり、社会的なポジションの確保にもつながります。何かを生み出すことに意識を向けることで、嬉しい援助を受けれることもあるかもしれません。

時間を有意義に使うことで、身体も心も潤いを保てるような、嬉しい夏の予感を感じる時となりそうです。


9月

閃きに恵まれる時。

今月は、自分の中で温めていたものが着実に動き出す。そんな歩みを進めていくような時間に恵まれます。

今までコツコツ続けていたことが認められたり、やっぱりこれで良かったんだと自分自身が納得したりなど、自分の中の落とし所に遭遇するような、そんな体験をする方も多いかもしれません。自分の中にためていた計画を今でこそ実行していくような時なので、足取りは軽いでしょう。

動きある時間を共にできるような仲間との時間も楽しく、「時間を忘れて没頭できる何か」に自分の体力を費やす方も少なくはないはずです。自分の時間も世界もより濃くなる今月ですので、少々周りが見えなくなるような「絶対的な自分の時間」が優位性を貫いてしまうことも。

育むことを忘れず、常に両者と手をとるような感覚を意識することで、物事の繁栄が期待できるような今月の流れになるでしょう。


10月

ON/OFFの切り替えがスムーズな時。

「やる時はやる」というような潔さも感じられる今月は、何かを振り切ったような「こうするしか方法はない!」というような押し切る力も感じやすい時です。それは、自分の思っていることと現実の状況がうまく照らし合わされているからこそ。

誰かの後押しであったり、励ましであったり、そんな見えないものも含めた、「他者からの応援」で勢いがつく方も多いかもしれません。勢いで押し切れる時でもあるために、どこまででも行けるような身軽さもあります。

そのためうっかり自分の勢いに飲まれてしまうと、他者の存在というのを忘れてしまいがちでもあります。勢いがあるのは、他者の存在があってこそのこと。そんなことを心に置きながら歩んでいくことで、「何が起きても大丈夫」というようなどっしりした心構えも持てるよう。

調子を取り戻していける今月は、判断力や見極め力を生かしていくことで、何かを大きく動かしていけるようなそんな手応えも感じやすい流れのようです。


11月

感情と思考のバランス。

今月は、感情の波が大きく揺れ動きやすい時なので、自分の中でバランスを上手にとる必要がある時です。「こうでなくてはいけない」「これが絶対に必要」というように、何か1点にこだわりたくなることも多く感じるかもしれませんが、今月は、どちらかというと「なんでも良い」というようなラフなスタンスのほうが、柔らかさが出てくるよう。そしてそんなあなたに引き寄せられるように魅力も開花する時です。

神経が繊細になる時でもあるので、いつもよりも、白と黒がはっきりと見えてしまうという感覚もありそうですが、その中にも他の色味があることを意識しても良さそう。

あえて自分は1歩引いてみたり、ちょっと色を添えてみたり。

世界の中心をいつもより少しずらす感覚を持ってみると、物事がうまくまとまりやすくなったりします。

強くなりすぎず、弱くもなりすぎず。世界はもっと平和で平等であるような、そんな居場所を確立していくような今月のようです。


12月

パワーバランスの調整を。

何か1つに絞りたいような集中力が高まる時ですが、激しさも相まって自ら忙しい時間を求めてしまうことも。感情を高めることにも盛り上がりを見せる時ですので、いつもよりも少し派手なことに興味を持つこともありそう。お祝い事をしたり、仲間と一緒に盛り上がるような、そんな時間にも恵まれます。

また、守りたいものは自分の範囲の中にあり、広げるよりも質を上げていくような、そんな上質さを心に置いておくと迷うことも少なくなりそう。例えば、買い物をする時、どっちを買おうかなと迷った時は、少し高価でも質の良い方を選んでみてください。そうした選ぶ時の基準や、本物を見る目などを高めていくことが、運気アップの秘訣です。

何かに偏ることなく、今あるもの達を上質なものに育てていくことの粘りが、自分も周りも強くしていくような、2018年の締めくくりとなりそうです。


                  
animacollection
トパーズ










ムーンストーン










シトリン










ラピスラズリ










クリソプレーズ










クンツァイト










アメジスト










エメラルド










ラブラドライト










ルチルクォーツ










アクアマリン










サンストーン